テスラが従業員1割をリストラ!新規採用全面停止?どうして?その理由は?でも安心してください!

大手自動車メーカーのテスラ社が従業員の1割である1万4千人をリストラする方針を発表しました。

また、世界で新規採用を全面停止とのメールを幹部に送ったともされています。

ここではその方針に至った理由を調査・検討してみました。

テスラ社の状況

現状の売り上げは悪くないようです。

テスラの22年1~3月期決算は、純利益が前年同期比7.6倍の33億1800万ドル(約4300億円)と四半期ベースで過去最高でした。

強気の値上げ路線を貫いて利益を確保していますが、リチウムなどEV生産に必要な原材料の価格は高騰が続いています。

EV生産において難があるようですね。

また、強烈なインフレで経済自体が縮小するとの見込みがあり、それに備える必要がありそうです。

リストラの理由

上にも書いた通り、

  • EV生産コストの増加
  • 米経済の縮小の見込み

これらの要素が原因で、人件費の削減生産効率の向上が求められ、今回の大幅リストラに結びついたと考えられます。

新規採用全面停止の理由

新規採用全面停止の理由も概ねリストラの2つの理由と同じだと考えられますね。

CEOのイーロン・マスク氏は、「週40時間以上働かないものはクビだ」との方針をとるとのことです。

タイパ重視の人には厳しい方針ですね。。

終わりに

ここではテスラ社の大規模リストラと新規採用停止疑惑の理由について検討してみました。

会社自体の売り上げが下がっている訳ではなかったようですが、今回の施策を通して、今後の経営がどうなるのか、要注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です