OpenAIがChatGPT-4カスタムモデルを発表!従来のモデルとの違いは?

引用:OpenAI https://openai.com/blog/introducing-openai-japan

米OpenAIは4月15日、大規模言語モデル「ChatGPT-4」について、日本市場向けに日本語に最適化したカスタムモデルを発表しました。製品名は「GPT-4 Customized for Japanese」

そこで、従来のモデルとの違いについてまとめました。

特徴

GPT-4のカスタムモデルでは、日本語のテキストの翻訳と要約のパフォーマンス、コスト効率の向上を実現しました。

「GPT-4 Turbo」と比較し、最大3倍高速に動作するといいます。

さらに、英語学習アプリ「Speak」では、カスタムモデルを活用することで、トークンのコストを47%削減。

また、ユーザーが間違えた際、チューター(指導者)が日本語で説明する速度が2.8倍高速になった。

英語学習をされている学生やビジネスマンには嬉しいニュースかもしれませんね。

また今後数カ月以内にAPIをリリースするとのことです。。

日本拠点(OpenAI JAPAN)を発表

東京へのOpen AIのオフィス設置を行うとのことです。

CEOによると、幅広い産業への進出も検討しているそうです。

日本のユーザーの利用をさらに促そうとの意図が考えられますね。

世間の反応

SNSでは以下のような反応がありました。

・日本でのAI利用が加速すること間違いなし

・日本すごいな。。。

・日本のAIがかなり盛り上がった印象

・期待しかない!

終わりに

AIブームの先駆けとなるChat-GPTが登場してから、多くの方の行動様式が変化しました。

ビジネスに利用する方もいれば、学校での学習や受験勉強などにも積極的に活用されていますね。

今後さらなる産業への進出を考えているとのことで、予想もしていなかったAIの活用が実現されるかもしれません。

今後の発展が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です