小林製薬の紅麹サプリで話題の”ファンコニー症候群”とは?症状や治療法は?

昨今巷を賑わせている小林製薬の紅麹問題。

紅麹利用者が体調に支障をきたしたことで入院患者も188人にのぼっていると話題になっていますが。そこで話題になっている”ファンコニー症候群”とはどのような病気なのか、分かりやすくまとめてみました。

紅麹サプリとファンコニー症候群

小林製薬の「紅麹」の成分を含む健康食品を摂取した人が腎臓の病気などを発症した問題で、日本腎臓学会の調査では、これまでに報告された患者のほぼすべてで腎臓の機能障害の一種「ファンコニー症候群」という病気がみられたと報告されました。

photo by 小林製薬(https://www.kobayashi.co.jp/seihin/choleste/)

ファンコニー症候群とは?

ファンコニー症候群は、腎臓の疾患の一つであり、尿中に特定の成分が過剰に排泄されることによって特徴付けられます。

この疾患は、腎小管の機能障害に起因するもので、通常は尿の再吸収が行われるべき成分が、腎臓で正常に再吸収されず、尿中に放出されてしまうことが特徴です。

ファンコニー症候群は、特定の薬への曝露(一部の化学療法薬および抗レトロウイルス薬など)、重金属やその他の化学物質への曝露、ビタミンD欠乏症、腎移植、多発性骨髄腫、アミロイドーシス によって引き起こされることがありますが、先天性や遺伝的な要因が関与していることもあります。

この疾患は、さまざまな年齢層で発症する可能性がありますが、特に小児期に症状が現れることが一般的です。

症状

ファンコニー症候群の主な症状には、多尿、多飲、筋力低下、骨の痛み、成長不良、電解質異常、酸塩基バランスの変化、尿中の特定の成分の異常排泄などが含まれます。これらの症状は、腎臓の機能障害によって生じるものであり、尿の組成が正常ではないことを示唆しています。

自覚症状がない場合もあるため、最近まで摂取していた方は血液や尿の検査をオススメします。

診断

ファンコニー症候群の診断は、症状や尿検査結果を評価することから始まります。

尿中の特定の成分の異常排泄や血液中の電解質異常などが確認されると、ファンコニー症候群の可能性が高まります。

さらに、腎臓の画像検査や遺伝子検査などが行われることもあります。

治療

治療法は、症状や原因に応じて異なりますが、一般的には症状の管理や進行の遅延を目的とした治療が行われます。

尿中の異常成分の補充や電解質の補正、栄養療法、適切な水分摂取量の管理などが含まれます。

また、腎臓移植や透析などの選択肢も考慮される場合があります。

終わりに

安全な食品供給は、私たちの日常生活に欠かせません。

原因の究明と、規制の強化や透明性強化を通じて、消費者の安心を確保することが不可欠です。

持続可能な食品システムの構築に向けて、私たちの今後の取り組みが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です