プロ野球審判・敷田ってだれ?激しい”卍ポーズ”が話題!

皆さんは”敷田”と聞くと誰を思い浮かべますか?

ここでは日本プロ野球の公認審判であり、人気爆発中の敷田直人氏の人物と魅力について迫っていこうと思います。

photo by ぱくたそ

人物

福岡県立八幡工業高等学校を卒業後、新日鐵君津に入社。

新日鐵時代は下柳剛(元阪神タイガース等)、松中信彦福岡ソフトバンクホークス)らとチームメイトであった。捕手として3年間プレーしたが、目立った結果は残すことなく1992年限りで退部、同時に新日鐵も退社しました。

その後1994年に歯医者の待合室で見たスポーツ新聞でセ・リーグ審判員公募の記事を見てセレクションに応募、合格しました。

その後ブリンクマン・フローミング審判学校を経て1996年からプロ野球審判員となり、2001年に一軍デビューしました。

オールスターには2006年、クライマックスシリーズには2008年にそれぞれ出場しています。

そして2012年についに日本シリーズ初出場を果たします。最終戦となった第6戦では球審を務め、敷田の代名詞である「」ポーズを大舞台で披露しました。

卍ポーズとは

見逃し三振をコールする際、「」のような気合の入った独特なポーズで行うことから、この二つ名で呼ばれるようになりました。

打者とは逆の方向に拳を突き出すため、左打者では「卍」、右打者では「卐」となります。

この卍コールを始めた理由ですが、審判になってからしばらくは普通の動きをしていました。しかし野球に華を添えたいと思い、しっくりくるポーズを考えた結果が卍だったといいます。

単純な癖などではなく、野球界を盛り上げるための意図したポーズだったというプロ意識の高さも、人気の理由であるように思えてなりません。

普通審判は(誤審があった時を除いて)目立たない存在であるにもかかわらず、この卍コールのアクションのキレ、そのかっこよさから、口コミで野球ファンの人気を得て、選手からもそのポーズを真似されるほどの人気を得ます。

認知されるにしたがって「かっこいい審判」「卍の敷田」などとファンから呼ばれるようになり、その人気ぶりは、テレビでインタビューされたり、TVゲームのプロ野球スピリッツ2014において卍コールが完全に再現されるほどです。

またチャリティー募金のユニフォームのオークションにおいても、下手な選手よりも高値がついたことからも、その人気ぶりが窺えます。

敷田直人 (しきたなおと)とは【ピクシブ百科事典】

卍ポーズ(動画)

こちらがその噂の「卍ポーズ」の動画です。

とてもパワフルで、まるでボクシングのボディーブローのような躍動感がありますね。

盛大に転倒(動画)

滑って転倒してしまった動画も、あまりの人気さ故か、話題を集めています。

卍ポーズだけでなく、転倒もダイナミックです。

一方で、転倒後は冷静に場を収めている冷静さは流石審判と言わざるを得ません。

誤審の頻度は?

敷田は審判としての能力も高く、誤審はほぼ無く、ジャッジも公平であると言われています。ただ年数回ほどゾーンが普段より狭くなると言われる他、一部の意見ではありますが、2ストライクになると卍コールをしたい為か途端にゾーンが広くなるとも言われている。あくまでも推測ですがね。

LINEスタンプ

ななんと、LINEスタンプまで販売されています。

野球ファンの皆様には個性を見せられていいのではないでしょうか。

https://store.line.me/stickershop/product/7348910/ja

終わりに

皆さんも野球を観戦する際は、選手はもちろんですが、敷田氏のジャッジにも是非注目して見てくださいね。今後の更なる活躍も皆んなで応援しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です